快気祝い「他者の失敗に学ぶ」編

職場の同僚が、病気のために長期入院となった。
同期入社の私は、代表して同じ職場のものから一人1000円を集め、お見舞いに行ったのである。
入院治療は順調に進み、同僚はようやく退院して、出社に備えて準備している頃と聞いたときに、入院見舞いを贈った者それぞれの自宅に、彼からの快気祝いが届いたのである。
それはかなり高価と思われる洋菓子の詰め合わせ。
おそらく一個2000円くらいするのでは。
また封書が添えられており、今回の入院で職場のみんなに大変迷惑をかけた。
また、温かい心遣いをしていただき感謝に堪えない旨のことが記されてあった。
私はちょっと困った。
そこで、同僚に伝えたいこと。
感謝の気持ちは十分に伝わるが、贈ったもの以上のものを返礼としていただくと、却って相手が恐縮することになる。
営業職の同僚よ、さらに細かい気配りが必要だよ、と。

東京にある整体の学校に通ってる20歳男です。

面貸し 美容室 下北沢に関する注目のサイト

バーチャルオフィス 東京に関する注目のサイト

シースルーライトの売上ランキング☆